歯がある生活

子供の頃、歯が抜けて永久歯に入れ替わったとき、なんだか大人になった気分になりました。

歯医者=怖い

といったイメージが非常に子供の頃からあり、歯医者に行くのが大嫌いでした。

今はインプラント治療と呼ばれる物があるのですが、インプラント治療を受けるときに一番怖い事が、安全性ではないでしょうか。

術後の感染症や噛み合わせの悪さ、顎骨の下にある神経を痛めてしまう等と言ったトラブルを耳にすることもあります。

そのために本来成功率の高いインプラント治療に踏み込めずにいる人がたくさんいます。

技術不足の歯科医が施術のトラブルを起こしたりする事はありますが、先程も言った通り、インプラント治療は非常に成功率の高いものと言われています。

そんなインプラントにも様々な種類があります。

今最も普及しているインプラント治療が「ブローネマルクインプラント」です。

ブローネマルク教授が考えた治療法なのですが、これが群を抜いて高い成功率を誇るインプラントです。

術後10年以上で96%、更に5年以上になると98%以上というとても成功率が高い数字が報告されていそうです。

1983年から85年にかけてのデータでは20年間で上あご90%、下あご92.3%という数字も残っています。

ブローネマルク教授が初めて手術を行った人は、40年以上問題なく使い続けているそうなのです。

そして現在でもまだ技術は更に向上しており、成功率は向上しているのが事実です。

インプラント手術は極めて高い成功率を誇るだけではなく、長期安定性にも優れた施術と言われています。

何年経っても変わることなく長持ちさせる事も決して不可能ではないという事なのです。

インプラント治療は科学技術と言う人もいます。

歯科医によって左右される事もありますので、しっかりと選んで施術してもらいましょう。

顎の骨に人工歯根を埋め込み、それらを土台にして人口の歯を取り付けるのがインプラントです。

第二の永久歯と例えられる様に、近年で急速に普及している歯の治療法でもあります。

歯のことで悩んでいるのならば、恐れることなくインプラント治療をしましょう。

小さな頃からともに過ごしてきた私たちの歯。

歯はとても大切なもので、一度虫歯になってしまったら元の状態に戻ることはありません。

詰め物をしたり、削ったり抜いたりする事によって歯を修復するだけです。

修復が出来ない歯は抜かれてしまう事があります。

歯が1本足りていないだけで、食生活が大きく変わります。

歯は大切に。